医療法人社団いちご会 美加レディースクリニック

診察予約

タバコと妊娠-タバコと妊娠について知っておきましょう-

タバコと妊娠の関係

タバコには、血流を悪くしたり、血管の老化を早める「ニコチン」、酸素運搬を妨げる「一酸化炭素」のほか、約40種類の発ガン物質が含まれています。これらの有毒物質は、卵子や精子の質を悪くしてしまうので、喫煙している夫婦では、不妊症が増加します。また、妊娠したとしても、流産や子供の病気のリスクが高くなります。

たとえば、子どもの奇形(先天異常)がおきたり、脳の異常(知能低下、発達障害など)、その他の病気の発生(喘息、糖尿病、アトピー性皮膚炎、将来の不妊など)、さまざまな異常の発生率が高くなることがわかっています。

リスクの発生率は、タバコの本数と喫煙年数に比例して増加します。健康な赤ちゃんを産むために、すぐに、夫婦で禁煙しましょう。

女性が喫煙すると妊娠にこんな影響が…

・卵巣機能を低下させ、女性ホルモンの分泌が減少します。
・卵巣年齢が5~10歳老化し、閉経を5~10年早めます。
・卵子の質が悪くなる(卵子の老化)
質が悪くなると→染色体異常の卵子が増加します→受精率・着床率が低下し、流産率の増加、異常児の増加が生じます。
・受精卵の着床に重要な「子宮内膜」が薄くなってしまい、妊娠しにくくなります。
・子宮や卵巣の血管が細く固くなり(動脈硬化)、血流がわるくなり、妊娠しにくくなります。
・子宮外妊娠のリスクが高まります。
・一般不妊治療や、体外受精を行っても、成功率が半分に低下する。流産率が高くなります。
(質の良い卵子が採れない。受精率、着床率が悪くなります。)

男性が喫煙すると妊娠にこんな影響が…

・精子の数が減り、運動率も低下します。 ・たとえ、見た目の数が正常でも、精子の受精能力が低下してしまいます。
・精子の質の低下→精子の遺伝子に傷がたくさんついてしまう。傷ついた遺伝子は、赤ちゃんに受け継がれ、流産や死産、胎盤の異常、赤ちゃんの病気などをひき起こすリスクがあります。

喫煙による子供への影響には、こんなものが…

・未熟児(低体重児)の増加
・先天奇形の増加→無脳児・小頭症・水頭症・四肢欠損・多指症・合指症・無指症
・病気の発生→糖尿病・アトピー性皮膚炎・喘息・斜視・弱視・心臓の異常
・知能低下
・性格の異常
・乳幼児突然死症候群(SIDS)の増加

※喫煙本数が多く、喫煙期間が長いほど影響は大きくなります。

注意事項

受動喫煙も同様に有害です!むしろ副流煙のほうが有害物質の濃度は高くなります。
屋外で吸っても、空気清浄機を使ってもタバコの害は防げません。

妊娠予定外来 将来の妊娠に備えましょう

  • タバコと妊娠
  • 流産をしたくない

問診票

不妊で受診の患者様は、初診用の予診カードと不妊外来用のカウンセリングシートの両方が必要となります。

  • ベビ待ち相談室
  • 30代までに絶対知っておきたい卵子の話

教えて!美加ドクター 毎週火曜 16:00〜16:30

当院について
医院のご紹介 不妊症
不育症 治療について
交通・地図  
ドクター・スタッフ
ドクターのご紹介 スタッフのご紹介
採用情報  
診療案内
不妊症外来 不育症外来
思春期外来 未婚女性外来
禁煙外来 卵巣年齢外来
更年期  
院内・設備
院内のご紹介 医療設備のご案内
更新情報
お知らせ メディア情報
Facebook BLOG