札幌 女医 婦人科 不妊症 不妊治療専門のクリニック「美加レディースクリニック」まで

〒062-0933 札幌市豊平区平岸3条13丁目5-21 南平岸ビル1~3階 / 地下鉄「南平岸駅」徒歩1分
  • 地下鉄南北線
    南平岸駅 徒歩1分
  • 北海道で唯一の
    女医による高度
    生殖医療
    クリニック
011-833-7773

ホームページ見たとお伝えください

再診/不妊不育初診予約はこちら

月水金
午前 08:30 ~13:00
午後 14:30 ~17:30
夜間 17:30 ~19:00
火曜日
午前 08:30 ~13:00
午後 14:30 ~16:00
木曜日
午前 08:30 ~12:30
土曜日
午前 08:00 ~13:00
  • 予約優先
  • 予約優先
  • 予約制
  • 予約優先
  • 予約制
  • 予約優先
  • 予約制

※日・祝 休診  ※診療開始は受付時間の30分後から

流産をしたくない -流産を繰り返さないためにできること-

流産をしたくない方へ

妊娠はするのに流産を繰り返してしまう。それは、とても辛いものです。
流産を防ぐ手段はないのでしょうか?

妊娠初期の流産が、1回だけの場合は、「胎児(受精卵)の染色体異常」によることが多く、その場合は、偶然起きてしまったものであり、何回も繰り返すことは、ありません。いわゆる、自然淘汰なので、仕方のないことです。

ただ、妊娠初期の流産を連続して2回繰り返してしまう場合は、「反復流産」といい、流産を連続して3回繰り返してしまった場合は、「習慣流産」といいます。流産や死産を繰り返し、赤ちゃんが得られない場合を、「不育症」といいます。反復流産、習慣流産も、「不育症」に含まれます。

不育症になりやすい何らかの原因がある場合がありますから、一度、ご相談されることをお勧めします。必要に応じて、検査、治療を行っていきます。流産の原因は複数あるので、検査項目も複数あります。どの検査を行うかは医師が経過や流産のタイプを診て選択しますが、保険の適応になる検査と適応外の検査があります。一般的に必要と思われる検査は、抗リン脂質抗体症候群の検査、自己抗体の検査、凝固一線溶系検査、黄体機能不全の検査(ホルモン採血、基礎体温の記入)などです。

流産の原因については、まだわかっていないことも多いのですが、まず検査をして原因を探ることが、流産を防ぐ第一歩と言えるでしょう。喫煙や飲酒、食生活、ストレス、睡眠不足、運動不足、冷えなど、生活習慣も、妊娠経過に影響します。

流産しにくい体つくりについてのアドバイスも行っています。

美加レディースクリニックは、女性医師による 不妊症・不育症の専門クリニックです

「なかなか妊娠しない。」
「妊娠はするけれど、流産してしまう。」
そのようなお悩みをお持ちの方は私たちのクリニックにお越しください。

医療法人社団いちご会 美加レディースクリニック

〒062-0933 札幌市豊平区平岸3条13丁目5-21
南平岸ビル1~3階 / 地下鉄「南平岸駅」徒歩1分

北海道で唯一の、女医による
高度生殖医療クリニック

ホームページ見たとお伝えください

011-833-7773

月水金
午前 08:30 ~13:00
午後 14:30 ~17:30
夜間 17:30 ~19:00
火曜日
午前 08:30 ~13:00
午後 14:30 ~16:00
木曜日
午前 08:30 ~12:30
土曜日
午前 08:00 ~13:00
  • 予約優先
  • 予約優先
  • 予約制
  • 予約優先
  • 予約制
  • 予約優先
  • 予約制

※日・祝 休診  ※診療開始は受付時間の30分後から

スマートフォンサイトへ